育毛剤新常識 外人ってナチュラルなままの薄毛や坊主でも格好いいですよね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外人ってナチュラルなままの薄毛や坊主でも格好いいですよね。
PN2009032301000255.-.-.CI0003

僕はよく海外ドラマをレンタルして見るんですけど「NCIS極秘潜入捜査班」に登場する
主人公カレンを演じるクリス・オドネルさんがおでこがキテそうなのにとても格好良く似合っていて憧れてしまいます。
たまにアクが強くてどちらが悪役だったか分からなくなるんですけど、仲間とのアットホームなやりとりとハッピーだけでは終わらないオチを見るのが大好きです。

アメリカ人に限らずシンプルな坊主頭でも格好いい外人は多いです。
目鼻立ちがくっきりしているとブロンドだろうが黒髪だろうが大体似合う気がします。
顔だちがすべてではないにしても前髪を触りすぎずに堂々とできるのは良い事です。

それに引き換え、僕はおでこが年々後退しているのを感じてやや4年になりますがどうしたら外人のように爽やかなイケてるハゲになれるのでしょうか。
いや、ハゲるつもりもありませんが悲しきかな面長で坊主頭の似合わなさと言ったら人一倍です…。
同窓会に行った時に久しいクラスメイトにも「お前変わったね、苦労してたのか?」と声を掛けられました。
特に苦労はなくて至って普通の生活を過ごしてきたつもりです。
遺伝なんですよね。僕の父親は志村けんさんの頭にそっくりです。あと四角く太い下がり眉も。

最近知ったのですが、所ジョージさんはハゲる覚悟で「もう毛が無くなっても良い」と金髪にし続けているらしいです。
ブリーチって頭皮も髪も物凄く痛みますよね。
あの年齢で10年以上も脱色し続けて髪の毛があるって凄いなぁとある意味関心してしまいます。
なんでも本人いわく2週間置きで頻繁に染めているみたいですね。
その上、金髪と髪型と自由な人柄が似合っているのもまた魅力的です。
石原さとみさんとヘアケア商品のCMもやっているようで、CMのサンプル品とかもらいながら育毛剤とかも併用していたりするのでしょうか?
是非知りたい”ところ”です。(所ジョージさんだけに)

僕も20代に金髪にしてましたがあまりにも髪の毛に元気がなくなりすぐ黒髪に戻しました。
ブリーチしてからは枝毛や抜け毛の本数が一気に増えましたね。
もともと癖毛ではないのに縮れたような薄茶色の細い毛も見るようになり未来への焦りが募りました。
そのうち白髪になったりハゲたりするんじゃないだろうかと不安を煽るような恐怖体験でした。
若い時代とは言え、無理して着飾ると代償も大きかったりします。
それから年齢を重ねて30代になった現在育毛剤も使ってはみたものの、まだ使ってみたいものがたくさんあって自分に合った育毛剤を選べずにいるんですよね。

種類なんかも細かく分かれていて、M字用・前頭部用・後頭部用の育毛剤など。
僕は父親を見て自分の将来像を判断して前頭部用を使っています。
自分に合った育毛剤選びって意外と難しくて、中でも使いにくいな~と思ったのがベタベタするローションタイプの育毛剤です。

僕の頭皮は乾燥肌ですぐにフケとかカサブタとかが出来やすいからローションタイプで潤うようにと思ったんですが、
説明書通りの量を付けても髪のセットも全体的にぺったりして上手くいかなくて大変だったしドライヤーしてもワックスを付けたようなパリパリになったので扱いが難しく感じました。
もちろんローションタイプの育毛剤全般がそうではないけど、
なんだかニガテ意識をもってしまって今ではスプレー式を使ってシューッと揉み込む手軽な育毛剤です。

スプレー式の育毛剤も最初のうちは効果なさそうかな…と思っていましたが暫く使ってみると枝毛もめっきり見なくなってフケもだいぶ減りました!
毛の後退は…ちょっと前に撮った写真と比べると変わっていないように見えるので止まっているのかなと思います。

タバコも吸いますし、お酒の席に呼ばれる機会も多くて髪の毛に悪い食生活をしていますがより良い育毛剤でカバーしつつ人生を満喫できたらいいなと思っています。

ちなみに今目をつけているのは、余計な成分は入れず低刺激で副作用がほぼなく返金保証付きでジェット噴射されるという例の商品です。
「髪の為の成分がめちゃめちゃ入ってますよ!」っていう育毛剤が多いけどシンプルな育毛剤って珍しいですよね。
メンソールの強い清涼感が僕はどうも苦手なんですが、その例の育毛剤には入っていないので丁度良さそう。
そんなシンプルな育毛剤なのに日本・アメリカ・ヨーロッパからの特許をもらっているそうですしネガティブな口コミが一番少なくて期待が出来そうです。
今使っている育毛剤が空っぽになったらチャレンジしてみます。

イケメンにはなれません。ハゲになる覚悟もないわけではありません。
歳をとればそうなるのかもしれない…。
だけどせめて50代のレールにのるまでは頭頂部ツルツルには待ったを掛けたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*