育毛剤新常識 居酒屋という育毛環境によくないバイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

効果ありそうだなとチェックしていた育毛剤を買ってみました。

5年ほど前に使った事はあるのですが当時は飽き性で1本使っただけでその後は放置していました。
短い期間だったので育毛剤としての効果が発揮されていたのか分からないまま…。
床屋に行くと雑誌や本が置かれていて待っている間に少しだけ流し読んでみると、
「髪の毛が抜けた時に毛根が綿棒のような太い丸みがないと病気の恐れもあります」なんてぞっとする記事を目にしてしまいます。
僕の髪は毛根から毛先までほぼ一定に細くて、白い毛穴の脂ごと取れたりする健康とは言えないような状態です。

居酒屋勤務の僕は朝方近くまで起きていて、整髪料を使ってはいないものの頭にタオルを巻いて頭は汗で蒸れた状態が多く、
お酒も大好きで一日の食事の回数もまばらです。
傍から見れば若者のような生活かもしれませんが、かれこれ30代後半に差し掛かりました。
そんな生活習慣を長年続けていた僕はハゲ予備軍なんだと思います。
薄毛の心配だけでなく病気も遠慮したいものですね。
年々、飽き性とも言っていられない頭の老化具合に再び育毛剤にチャレンジしてみようと思い立ちました。

そこで育毛剤を使うにあたって目にした興味深いものがありました。
まずは基本の食事の改善。
色んな噂が飛び交っていますよね。亜鉛やらタンパク質やらが効く…と。
栄養素はあまり詳しくないので亜鉛やタンパク質ってざっくり言われても分からないなぁと思っていました。

なんとなく僕の知っている範囲では鶏肉が最適なはず…と調べてみると正解でした。
彼女もダイエットの時はカロリーが少なくて栄養豊富だと言っていたのを思い出します。
鶏肉は髪にもダイエットにも良いらしいのです。
あとは卵と魚介類と海藻類からも髪を健康的にする栄養がたっぷり摂れるとありました。
食品の栄養価など見やすいグラフになっているホームページもあるので亜鉛を中心に見てみるのも面白いですよ。

更に僕の興味をそそったのが「ネバネバするもの」。
納豆・めかぶ・オクラ・長芋などは素材そのものに亜鉛が入っていて育毛剤の成分のひとつになっていたりもするみたいです。
確かに栄養価が高いと言われる食べ物ですが、ネバネバがまた髪の老化に効果的なんだそうです!
散らかる老廃物をネバネバで一纏めに排出してくれるお掃除屋さんのような働きもあるので良タンパク質を吸収しやすくするのだと。
他にも育毛剤の手助けだけでなく、関節痛を起こりにくくしたり体にもいい食べ物です。
ネバネバを食べておけば間違いはないとすぐ覚えました。

じゃあ逆にどんな食べ物が髪の毛に良くないのかって考えると僕はあまり知りません。
調べてみたら、油ものと乳製品とのこと。
これは毛穴から常に出る皮脂に影響するため、摂取する油分をなるべく抑えた方が良いみたいですね。

自分の食生活を振り返るとピザやインスタントラーメン、ハンバーガーやポテチをよく食べているなぁと感じました。
自炊をした時はバター炒めになり、何にでもマヨネーズを付けたりしますし、コンビニへ行くと小腹を満たすためにフライドチキンを買ったり、
職場のまかない飯では天ぷらやコロッケなど揚げ物ばかりを食してしまいます。

うーん、こうして反省点を改めて見直す事って大事ですね。
一度にやめる事はできないので育毛剤を使う間は少しでも注意していけたらいいなと思います。

皆さんの食生活はどうでしょうか?
一人暮らしだと好きなものとか簡単に済ませるものだけで偏ってしまったりする気がします。
食生活だけで健康的な髪になれるのなら良いのですが、
30代後半の今から出来る事は育毛剤に頼りつつ改善していくことだと感じました。

育毛剤を使うなら内側から食生活に気を付けて、外側から育毛剤をふり掛けてフル活用できると頭皮の匂いも脂もすぐに抑えられます。
抜け毛の毛根についていた白い脂の塊もなくなりました。
変わっていくのが目に見えて気持ちいいので健康的な髪質になるよう長く続けていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*