育毛剤新常識コラム

育毛剤新常識 ちらし

先週、家に脱毛のチラシが入ってました。
お店で脱毛して貰えるのっていいですよね。
横になってるだけで痛くなく残らず処理してくれてどんどん毛がなくなっていくのを実感できるんですって。

「楽だけどやっぱり数万円とかかかるんじゃないですか?」

そんな事を考えながらチラシの脱毛のコースお値段を見てみると安くて心が揺れました。
3000円で2カ月に1回両ワキの脱毛できるチラシ…今ではこれが普通なんでしょうか。

興味を持ってちょっと調べてみようと近場のお店をスマホで検索してみたら、
500円やら100円やらの1コインで脱毛できるところがごろごろありました。
なかなか世間に疎くて糖質制限ブームもここ数日で知ったくらいの私には衝撃です。
自分でやる脱毛なら安くても安全面で信用できるかどうか思い留まるところですが
一人じゃ心もとないけどエステならトラブルの対処も協力してくれるだろうし、なんなら最初から「肌が弱いのです」とプロに相談しておく事もできますよね。
どうも初回には肌の状態を調べたり過程の説明をするようです。
私は子どもの頃にアトピー持ちで肌が弱かったけれど、相談できるならもちろん二つ返事で行きます。
今更ながらインターネット情報社会に感謝です。

そもそも私はいつも自宅で市販の脱毛シートを使って、ある程度の毛を減らしながらカミソリで剃るなり毛抜きピンセットで抜いたりしています。
特に荒れやすいのがふくらはぎの内側の肌が柔らかいところで…。
脱毛シートを色んな部位に貼り、痛い思いをしながら剥がしても太い毛が大体残るのでいつも苦労してます。

足首付近のムダ毛なのに髪の毛と同じようなしっかりした毛が生えているんです。
時々「女の子だったはずなんだけど…」なんて不安になります。
生足では自信がないのでストッキングが必須アイテムです。

あと肌が地黒のわりに毛穴が赤くなったりワキのボツボツもすごく目立ってしまって、正直言うと頭より上に腕をあげられないです。
ワキは脱毛シートでも全然取れません。
それに少し毛を伸ばさないと取れないもんだから困ったものです。
夏場は特に伸ばしてる暇はありませんよね。

お風呂上がりで体を温かくして毛穴を開かせて抜けやすいように保湿しても頑固なムダ毛ってありますよね?
カミソリで手早く脱毛しても抜かなきゃムダ毛はすぐに生えるし、毎回処理するたびに悩むのもエステで脱毛すれば一気に解消するんだろうなぁと。
だって行く度に毛がどんどん細くなって、脱毛の必要がなくなるくらいの産毛になっちゃうみたいです。

男性から見たら女性に脱毛はしていて欲しいものだと思います。
男女限らずに中にはエチケットだという人もいるはずで。
いつ見てもきっちり処理している女性って同性からしても清潔感あって素敵ですもの。
自宅での脱毛時間も下手すれば1時間以上かかったりします。
お店でやれば短時間でできるみたいですし、その空いた時間を使って私の大好きな海外ドラマも1本も見れてしまうのです。
さっそく友達を誘って一緒に行こうと思います♪

脱毛といえば、美容室にいった時にショートカットにしました。
いままではロングだったけどバッサリ切ってイメチェンを謀ったんです。
カットした時に襟足をバリカンでジョリジョリ剃って貰い、日が経ってから逆撫でして触ってみるとベルベット生地のようになっていて気になってきました…。
今まで意識してなかったけど背中も襟足も生えてるんだなぁと改めて気付きました。
見返り美人はきっとうなじもきちんと脱毛していると思います。
そこまで気が回る女性はやっぱり素敵ですね!

育毛剤新常識 居酒屋という育毛環境によくないバイト

効果ありそうだなとチェックしていた育毛剤を買ってみました。

5年ほど前に使った事はあるのですが当時は飽き性で1本使っただけでその後は放置していました。
短い期間だったので育毛剤としての効果が発揮されていたのか分からないまま…。
床屋に行くと雑誌や本が置かれていて待っている間に少しだけ流し読んでみると、
「髪の毛が抜けた時に毛根が綿棒のような太い丸みがないと病気の恐れもあります」なんてぞっとする記事を目にしてしまいます。
僕の髪は毛根から毛先までほぼ一定に細くて、白い毛穴の脂ごと取れたりする健康とは言えないような状態です。

居酒屋勤務の僕は朝方近くまで起きていて、整髪料を使ってはいないものの頭にタオルを巻いて頭は汗で蒸れた状態が多く、
お酒も大好きで一日の食事の回数もまばらです。
傍から見れば若者のような生活かもしれませんが、かれこれ30代後半に差し掛かりました。
そんな生活習慣を長年続けていた僕はハゲ予備軍なんだと思います。
薄毛の心配だけでなく病気も遠慮したいものですね。
年々、飽き性とも言っていられない頭の老化具合に再び育毛剤にチャレンジしてみようと思い立ちました。

そこで育毛剤を使うにあたって目にした興味深いものがありました。
まずは基本の食事の改善。
色んな噂が飛び交っていますよね。亜鉛やらタンパク質やらが効く…と。
栄養素はあまり詳しくないので亜鉛やタンパク質ってざっくり言われても分からないなぁと思っていました。

なんとなく僕の知っている範囲では鶏肉が最適なはず…と調べてみると正解でした。
彼女もダイエットの時はカロリーが少なくて栄養豊富だと言っていたのを思い出します。
鶏肉は髪にもダイエットにも良いらしいのです。
あとは卵と魚介類と海藻類からも髪を健康的にする栄養がたっぷり摂れるとありました。
食品の栄養価など見やすいグラフになっているホームページもあるので亜鉛を中心に見てみるのも面白いですよ。

更に僕の興味をそそったのが「ネバネバするもの」。
納豆・めかぶ・オクラ・長芋などは素材そのものに亜鉛が入っていて育毛剤の成分のひとつになっていたりもするみたいです。
確かに栄養価が高いと言われる食べ物ですが、ネバネバがまた髪の老化に効果的なんだそうです!
散らかる老廃物をネバネバで一纏めに排出してくれるお掃除屋さんのような働きもあるので良タンパク質を吸収しやすくするのだと。
他にも育毛剤の手助けだけでなく、関節痛を起こりにくくしたり体にもいい食べ物です。
ネバネバを食べておけば間違いはないとすぐ覚えました。

じゃあ逆にどんな食べ物が髪の毛に良くないのかって考えると僕はあまり知りません。
調べてみたら、油ものと乳製品とのこと。
これは毛穴から常に出る皮脂に影響するため、摂取する油分をなるべく抑えた方が良いみたいですね。

自分の食生活を振り返るとピザやインスタントラーメン、ハンバーガーやポテチをよく食べているなぁと感じました。
自炊をした時はバター炒めになり、何にでもマヨネーズを付けたりしますし、コンビニへ行くと小腹を満たすためにフライドチキンを買ったり、
職場のまかない飯では天ぷらやコロッケなど揚げ物ばかりを食してしまいます。

うーん、こうして反省点を改めて見直す事って大事ですね。
一度にやめる事はできないので育毛剤を使う間は少しでも注意していけたらいいなと思います。

皆さんの食生活はどうでしょうか?
一人暮らしだと好きなものとか簡単に済ませるものだけで偏ってしまったりする気がします。
食生活だけで健康的な髪になれるのなら良いのですが、
30代後半の今から出来る事は育毛剤に頼りつつ改善していくことだと感じました。

育毛剤を使うなら内側から食生活に気を付けて、外側から育毛剤をふり掛けてフル活用できると頭皮の匂いも脂もすぐに抑えられます。
抜け毛の毛根についていた白い脂の塊もなくなりました。
変わっていくのが目に見えて気持ちいいので健康的な髪質になるよう長く続けていきたいです。

育毛剤新常識 育毛剤とホラー

私の趣味はホラーです。
ミステリー小説やホラー映画やテレビ番組でやっている都市伝説の特集など、ひやっとするものが昔から好きでした。
中でも最近面白かったのが海外ドラマの「ウォーキング・デッド」という作品。

これはゾンビものなのですが、海外ドラマにしてストーリー展開がテンポ良く見れるんです。
「淡々としていて海外ドラマってなんだか苦手…」と言う人も1話を見たらぐっと引き込まれると思います。

注目したいのが恋愛・親子・仲間の人間関係のもつれだったり、斬新なサバイバル生活に対するドキドキ感です。
今までたくさんの作品を見てきましたが内容を先回りして読めません。
CGもうまく取り入れていて、違和感でふと我に返る事もないので気に入っています。

もし自分が主人公であったら…そう考えながら見ると身体的にも精神的にもギリギリで手に汗を握ってしまいます。
考えさせられる事も多くてホラーが好きな人には是非お勧めしたいですね!

そのウォーキング・デッドを見ていた時にゾンビを見て特殊メイクって凄いと改めて思いました。
ハロウィンイベントの仮装でも近年は素人ながら特殊メイクする方がいらっしゃるようですね。
キバの入れ歯の落とし物があった事もあります。ハロウィンならではの面白い出来事で笑ってしまいました。

ちなみに私は薄毛なのでボサボサにして血糊でもつければ簡単にゾンビ化ができそうです。
なんて冗談も言いますけど、正直なところ薄毛は悩みでもあるんですよね。

シャンプーと育毛剤とサプリメントなどを色々試しました。
そこで気付いたのがシャンプーとサプリメントはあくまで育毛剤の補助としての役割しか持たずに”単体”では発毛効果は期待できないという事でした。
個人の差が…と言われたらそれまでではありますが育毛剤と一緒に使ってこそです。
今はサクセスのシャンプーを父と共用しています。
父は育毛剤を使っていませんがもうすっかりハゲています。
もう歳だからと諦めていたようでした。
私はどうしても周りの視線が気になるのでどうにかしたいなぁと考えてしまうので出来る事をしようと模索の日々です。

問題は育毛剤。
最初のうちって分からない事ばかりなので比較的安いものから始める事が定番になったりしますよね。
私もその一人でした。
知名度ある育毛剤で尚且つ値段が安いものの”いくつか”に手をだしました。

実はこれが失敗のもとでした。
「育毛剤を頭にたっぷり掛ければ効くのではないか」と説明書を読まず必要以上に掛けたり、
半月使って髪の様子が変わらないからと別の育毛剤にころころ変えると、逆に抜け毛が増えるのです。
頭皮の脂の匂いも独特な臭さになって出費もそれなりになります。
結果として安い育毛剤をあれもこれもと使うくらいなら、少し高くても一種類の育毛剤を半年くらい使い続ける方が安上りで確実さが増すと思います。

至って普通の事を言っているのかもしれませんが、私は安いからと調子に乗ってしまいました。
去年の自分と比べると明らかに額の左右の生え際が大きく広がって後悔しています。
そこで2カ月の間をあけてから育毛剤を購入してみました。
今回は7800円から6800円に割引された「体に優しい」と謳われた育毛剤スプレーです。
通販だと使用して合わなければ返品や返金の保証がつくようでとりあえず安心できました。

まだ結果を語るには足りない日数ではありますが、シューっとするだけの簡単な育毛剤で必要以上には掛かりません。
抜け毛は減って今までのものより匂いも少なく髪のハリは出てきて良い兆候なんじゃないかと感じています。

安い育毛剤から始めるのは勿論ですが使用方法を間違えると頭皮にも財布にもダメージが残るので注意しましょう。
成分をより多く頭に浸透させたいからと育毛剤をいくつも併用するのは危険です。
焦らずにひとつずつしっかり試していきましょう!